スマートフォンサイトはこちらへ
食育・くらし・健康
10,000円以上で送料無料
メンバーズクラブくらし友の会 子供の食育のご相談をお受けするために生まれた、メンバーズクラブです。
パンフレット・カタログのご請求はこちらから
七田式公式メールマガジン

body's Message5 うつ症状

まずは、原因の特定と排除が必要です。自らを振り返り、知れば、楽になることもあります。一方、思い当たる原因がない場合は、脳の栄養素不足が考えられます。脳の栄養であるブドウ糖は炭水化物を分解して作り出されますが、急に血糖値を上げる白砂糖や白米でなく、玄米のようにゆっくり分解されるものを摂ることが、情緒の安定には欠かせません。また、やる気のアップには、カルシウムとマグネシウムのバランスも大切。糖分過多は体内のミネラルを消耗させ、そのバランスを崩すため、毎日、何を食べるかがとても重要なのです。

うつのまめ知識 「うつは悪い油が起こす病気」

外食やコンビニ弁当・出来合いの惣菜、インスタント食品などは、一見便利で、多忙な現代人の強い味方のようですが、近年、それらに使用される「油」の過剰摂取が、うつなどの症状を招いていることが問題視されています。うつは「心」ではなく「脳」の病気。人間の感情や思考は全て脳が司っていて、その脳の60%以上は「油」です。つまり、どの油を摂るかが、脳の質を決めるのです。青魚などに含まれる「オメガ-3」脂肪酸を多く摂るほど、脳の働きは改善され、感情や思考も良好になります。魚を多く食べる国ほど、うつ患者が少ないといわれるのはそのためです。一方、口にする油が、肉や上記のような加工食品等に多く含まれる「オメガ-6」脂肪酸ばかりの場合、脳の細胞膜は固くなり、その働きが鈍るだけでなく、全身における健康上のリスクも高まります。今日から油の摂り方を変えましょう!

子どものうつ症状について

子どものうつ症状とは?

最近、子どもにもうつ症状が見られるようになりました。
すぐ癇癪を起こす、集中力がない、感情表現が上手くできない、爪を噛むなどの症状があらわれたときは要注意です。子どもが生活をしている主な場所が、家庭と学校であるため、家族や友達などの人間関係、家庭や学校などの環境が、うつ症状を引き起こす原因と考えられています。しかし、そういった人間関係や環境は、今に始まったことでしょうか。また、友達の目が気になる、悪口を言われている気がするなどの思い込みで、発症するケースも少なくありません。
そもそも、今の子どもが、そのようなマイナスに捉えたりするのは、脳が正常でない可能性があります。
子どものうつ症状も、大人と同じで、間違った油の摂り方で引き起こされているのです。

ただ、今の子どもたちが大人から受けるプレッシャーが非常に高まっているのは事実です。
今はまだ成長途中であることを忘れず、ご家庭では大きなプレッシャーをかけず、今のお子さまを100として見て、認めてほめて愛してあげてください。それだけで、子どもは大きく変わります。

うつ症状におすすめの栄養素はこれ!!

【マグネシウム】精神の安定、良質の睡眠を。

【オメガ-3脂肪酸】脳の質を高める。

【ビタミンB群】疲労回復、ストレス対策でやる気アップ。

【ビタミンC】抗ストレスビタミン。脳を酸化から守り、細胞を強くする。

オススメはコレ!!

マグネシウム

精神や感情を安定させ、うつを解消させる。良質の睡眠に促す。

商品購入はこちらへ

クリルオイル

吸収率が高い「リン脂質結合型」のオメガ3脂肪酸。脳の質を高め、気持ちもスッキリさせる

商品購入はこちらへ

ビタミンB100

脳内の幸福物質「セロトニン」「アドレナリン」「ノルアドレナリン」の生成を促す

商品購入はこちらへ

ビタミンC

抗ストレスビタミン。脳を酸化から守り、細胞を強くする。

商品購入はこちらへ
  • 皮膚のトラブル
  • 頭痛・肩コリ・めまい
  • 免疫力の低下
  • 更年期障害
  • うつ症状
  • 腸のトラブル
時間外のお問い合せは問い合わせフォームから
COPYRIGHT SHICHIDA GROUP 2014 ALLRIGTHS RESERVED.
ページトップ