スマートフォンサイトはこちらへ
食育・くらし・健康
10,000円以上で送料無料
メンバーズクラブくらし友の会 子供の食育のご相談をお受けするために生まれた、メンバーズクラブです。
パンフレット・カタログのご請求はこちらから
七田式公式メールマガジン

body's Message6 腸のトラブル

便秘や下痢は病気と見なされないことが多いですが、腸内環境が悪いと、栄養が十分に吸収されず、また老廃物も滞りがちになるので、万病の原因となります。逆に、腸を良くすることで、解消される症状はたくさんあります。健康への最初の取り組みとして、腸の健康を目指すことは重要で、効果的です。「脳腸相関」といって、腸は自律神経で、脳とも直結しているので、腸の状態が良いと精神の状態も良くなります。また、コロコロ便は体の冷えと関係しています。

腸のトラブルで知っておく事

子どものための知識データ

腸が正常で、免疫細胞が活性化していれば、菌やウイルスが体内に入ってきても免疫細胞がやっつけてくれるので、免疫力も高まり、病気にも強くなります。また、免疫機能が正常に働くことで、アレルギー性疾患になりにくい体を作ります。

■ 子どもの腸内環境が乱れる原因

【抗生物質】 最近では、鼻が出る程度の風邪にも、抗生物質が処方されます。抗生物質は細菌を死滅させますが、腸内の善玉菌まで死滅させます。薬の使用は慎重になりましょう。

【スナック菓子】 子どもは一度に得られる栄養が少ないため、おやつは第4の食事ともいえるほど、大切な栄養源です。しかし、現代のおやつといえば、スナック菓子などのお菓子を食べる子どもが多くなりました。スナック菓子には栄養は皆無のうえ、消化吸収に負担をかけるものがほとんどです。第4の食事であるおやつには、玄米のおにぎりや、ふかし芋、手作りおやつなどを与えましょう。

お母さんのための知識データ

日本人の半数以上の女性が、腸のトラブルに悩んでいます。腸にトラブルのある方は、同時に肌にもトラブルを抱えています。肌荒れ、吹き出物、アレルギー性皮膚炎、毛穴の黒ずみやくすみなど、症状はさまざま。腸年齢=肌年齢といわれ、年齢以上に老けて見える人というのは、腸が年齢以上に衰えています。

腸内環境が乱れる原因

【バランスの悪い食生活】 腸内環境が乱れてしまう最も大きな原因は、バランスの悪い食生活にあります。
野菜や魚をあまり摂らずに肉ばかり食べている場合、肉を消化するために時間がかかるため、腸内の悪玉菌が増えてしまいます。また、お腹が減っていないのについつい間食を続けてしまう場合も同様に、食べる量が多いため胃の処理スピードが追いつかずに消化に多くの時間がかかってしまうのです。この場合も腸内の悪玉菌が増えることで、腸内環境が悪化してしまいます。

【ストレス】 ストレスを多く受けると、腸がけいれんをして本来の働きを失います。そのため便秘になり、悪性のガス等を発生させるためお腹も張りやすくなるのです。ストレスを受けたことがある多くの方が便秘になるのを体験しているのは、このためです。また、腸内にも悪玉菌が溜まりやすくなるため、腸内環境のバランスがどんどん乱れていくのです。

【運動不足】 運動不足により背筋や腹筋が弱くなってしまうと、便を押し出す力も衰えてしまい便秘になり、腸内環境が乱れてしまいます。

【加齢】 老化により体の消化機能が衰えてしまうと、腸の中では食べ物が長く留まってしまいます。そのため悪玉菌が増えやすく、腸内環境が乱れやすくなるのです。加齢にともなって腸内細菌のバランスが崩れやすく、腸内細菌からビフィズス菌が全く検出されないという人もいます。

腸のトラブルにおすすめの栄養素はこれ!!

【マグネシウム】腸の蠕動運動を促す。便秘改善の即効性はピカイチ!

【レシチン】細胞膜を整え、排泄を促す。

【乳酸菌】腸内環境を改善。

【食物繊維】便のかさを増し、スムーズな排便を。

オススメはコレ!!

マグネシウム

腸の蠕動運動を促す。便秘改善の即効性はピカイチ!

商品購入はこちらへ

レシチン・ノンフレーバー

細胞膜を整え、排泄を促す。

商品購入はこちらへ

OM-X

腸までダイレクトに届く乳酸菌が、腸内環境を改善。

商品購入はこちらへ

ヘンププロテイン

ヘンププロテインの豊富な食物繊維が、便のかさを増し、スムーズな排便を促す。

商品購入はこちらへ
  • 皮膚のトラブル
  • 頭痛・肩コリ・めまい
  • 免疫力の低下
  • 更年期障害
  • うつ症状
  • 腸のトラブル
時間外のお問い合せは問い合わせフォームから
COPYRIGHT SHICHIDA GROUP 2014 ALLRIGTHS RESERVED.
ページトップ